> コラム > 前田建設、総合インフラサービス企業目指す 『請負と脱請負の融合』へ

前田建設、総合インフラサービス企業目指す 『請負と脱請負の融合』へ

昨年創業100周年を迎えた前田建設。101年目の新たなスタートとして、次の10年を見据えた中長期改革プラン
『NEXT10』を策定した。目指す姿は、エンジニアリング力と建設サービスを融合した総合インフラサービス企業。
“請負と脱請負の融合”を掲げ、新たなビジネスモデルへの変革を目指す同社の取り組みを聞いた。

025128-2

前田建設工業
建築事業本部 設備部 環境技術グループ グループ長 河原 博之 氏(右)
建築事業本部 設備設計部 設備第3グループ グループ長 今林 憲一 氏(左)

新たなビジネスモデルの基盤をつくる

前田建設は、1919年に福井で創業し、山岳土木工事から都市土木、建築・建設へと事業を拡大してきた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.