> コラム > 再エネ電力の地産地消を支えるVPP 電力システム改革で拓ける新市場
地域電力の創出・調整を担うVPP

再エネ電力の地産地消を支えるVPP 電力システム改革で拓ける新市場

025446-3

写真イメージ 写真提供:広島県/尾道市千光寺公園

バーチャルパワープラント(VPP)とは、多数の小規模な発電所や、電力の需要抑制システムを一つの発電所のようにまとめて制御を行うこと。「仮想発電所」とも呼ばれる。

VPP導入の役割

大規模発電所(集中電源)に依存した従来型のエネルギー供給システムが見直されるとともに、需要家側のエネルギーリソースを、電力システムに活用する仕組みの構築が進められている。

需要家側のエネルギーリソース(蓄電池やEV、発電設備、ディマンドリスポンス等)を、AI、IoTを用いた需給予測の高度化や発電所運転の最適化、VPPによる分散型の電力のアグリゲート・最適制御等の活用である。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %

地域電力の創出・調整を担うVPP バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.