> コラム > VPPによる「系統最適化」で進む 先進諸国の再エネ・DER導入
地域電力の創出・調整を担うVPP

VPPによる「系統最適化」で進む 先進諸国の再エネ・DER導入

出力変動型再エネの比率が増加し、逆潮流が発生し系統混雑が発生している。配電系統の増強手段として、DERによるVPPを地域の系統最適化に活用することにより配電網の混雑を緩和する挑戦に注目が集まっている。

VREの増加で系統混雑

EUが主導し再生可能エネルギー(以下、再エネ)の将来目標を定めている欧州では、再エネや分散電源(DER:Distributed Energy Resources)の導入を後押しするための制度改革が積極的に進められている。 

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.