> コラム > 環境×ファッション グッチはカーボンニュートラルに(後編)

環境×ファッション グッチはカーボンニュートラルに(後編)

動物の毛皮は「時代遅れ」 2018年以降廃止

ファッション業界に欠かせないのが、毛皮などを提供する動物資源だ。しかし近年、多くの消費者が動物福祉(アニマル ウェルフェア)を重視するようになり、洋服の製作段階で動物に苦痛を与えないよう求める声が強まっている。こうした中、グッチは2017年10月、翌2018年からミンクやフォックスなどの毛皮を製品に使用しないと発表し、大きな話題となった。ビッザーリCEOは当時、イギリスのメディアに対し、動物の毛皮の使用は「少々時代遅れ」だと述べた上で、「環境と動物により良いことをする努力を続ける」と表明。同社は今日まで、合成素材のエコファーやラムウールを代わりに使用している。動物を苦痛から解放するのと同時に、2020年2月には国連開発計画(UNDP)などによる野生生物の保護を目的とするイニシアチブ「Lion’s Share Fund(ライオンズシェア基金)」に加盟するなど、動物福祉への取り組みを続けている。

グッチは、サプライチェーン全体でこうした取り組みを確実に実施させるため、サプライヤーや外注業者に対し、持続可能な原材料調達や有害化学物質の管理徹底、動物福祉の尊重などを定めた同社の規則を遵守することを求めている。グッチの親会社ケリングや第三者機関による定期監査で不適合と判断された場合、是正措置を実施できなければ、グッチとの取引終了といった厳しい措置を講じている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.