> コラム > 目標は電力自給率100% 浜松版スマートシティ実現へ

目標は電力自給率100% 浜松版スマートシティ実現へ

2013年に『浜松市エネルギービジョン』を策定。“エネルギーに対する不安のない強靱で低炭素な社会『浜松版スマートシティ』”の実現を目指し、官民一体となって独自のエネルギー政策を進めてきた浜松市。2020年4月、エネルギービジョンを改定し、更なる取り組みの推進を図る浜松市の最新動向と今後の展開は…。

目標は電力自給率100%

2005年に12の市町村が合併し、市町村別面積で全国2位の広さを持つ浜松市。広大な市域には、都市部、郊外の工業地帯、郊外の住宅地、中山間部と様々な特性を持つ地域があり、全国の市町村が抱える課題を凝縮した新しいタイプの大都市、“国土縮図型政令指定都市”の側面を持つ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.