再エネ拡大に不可欠な「広域系統」のマスタープラン、検討始まる(後編)

  • 印刷
  • 共有

前編では、従来の電力系統整備とその課題や、マスタープランとは何かについて解説した。後編では、マスタープラン検討に必要となる、費用便益評価とシナリオ設定についてご紹介したい。

費用便益評価とシナリオ設定

マスタープランや個々の系統整備計画を検討するにあたって不可欠なものが、費用便益評価である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報