> コラム > 日本初の自治体新電力、中之条電力の今―地域エネルギー企業のこれから(1)

日本初の自治体新電力、中之条電力の今―地域エネルギー企業のこれから(1)

日本で初めての自治体新電力(自治体が出資する地域新電力)である一般財団法人中之条電力が設立されたのが2013年。その後、全国で自治体新電力の設立が相次ぎ、現在は約50を数える。自治体新電力の先駆けである中之条電力のこれまでの取組と「今」をレポートする。

再エネの町、群馬県中之条

群馬県中之条町は、2011年の東日本大震災を受け、再生可能エネルギー推進条例を制定するとともに、「再生可能エネルギーのまち中之条」宣言を行うなど、再エネ推進に力を入れてきたことで知られる。町自身でも再エネ事業を行い、3カ所合計約6MWの太陽光発電、135kWの小水力発電を行っている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.