> コラム > 江戸と現代、理想的なリサイクルシステムとは

江戸と現代、理想的なリサイクルシステムとは

「サンデーモーニング」(TBS)のコメンテーターなども務める田中優子氏。
法政大学総長であり、江戸文化の研究者でもある田中氏に、江戸を切り口に環境やリサイクルについて語るコラムがスタート。今回は江戸と現代のリサイクルシステムの比較を通して、理想的なリサイクルの在り方を語ってもらった。

企業のビジネスが、この世界の現状の環境を少しでもましなものにしてくれるなら、これほどいいことはない。現代社会では、個人が出費しなければ環境に配慮することができないからだ。たとえばごみの廃棄にはゴミ袋の購入というかたちでお金を払う。むろん税金も収集や焼却に使っているだろう。粗大ゴミにもお金を払う。だから不法投棄する者も出てくる。これが出費するのではなく、お金を稼げるとしたらどうだろうか?

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.