レベニューキャップ託送料金制度とは? その概要を紹介(前編)

  • 印刷
  • 共有

託送料金は規制料金であり、需要家・小売電気事業者・発電事業者など、すべての事業者に関係する制度である。従来の託送料金はいわゆる「総括原価方式」により算定されてきた。

6月に成立したエネルギー供給強靭化法および電気事業法の改正により、今後の託送料金は総括原価方式ではなく、一定期間ごとに収入上限(レベニューキャップ)を算定し、国の承認を受ける新しい制度を導入することとなった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報