> コラム > 電力システム改革の進展 取引監視等委員会の果たす役割(前編)

電力システム改革の進展 取引監視等委員会の果たす役割(前編)

すべての需要家に、低廉・安定・多様なエネルギーを
そのため、すべての事業者に、公平・多様な事業機会を

これが「電力・ガス取引監視等委員会」が目指すエネルギーシステムであり、そのミッションでもある。

電力小売市場や卸市場の公正性の確保や取引の活性化、送配電部門の中立性確保等、電力システム改革の根幹を担う専門的組織が今回の主役「電力・ガス取引監視等委員会」(以下、監視等委員会と呼ぶ)である。その名称のとおり、監視等委員会ではガスもその監視対象としているが、本稿では簡略化のため電力に絞った記述をおこなう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.