> コラム > RE100、2020年の報告書を解説(前編)アジア太平洋地域がけん引

RE100、2020年の報告書を解説(前編)アジア太平洋地域がけん引

国際環境NPOのクライメート・グループ(The Climate Group、本部英国)は2020年12月、事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す企業が参加する国際イニシアチブ「RE100」の年次報告書を公表した。それによると、加盟企業数は同年9月時点で 261社に達し、前年の報告書作成時(211社、2019年11月時点)から2割超増加した。日本企業の加盟は米国、英国に次いで3番目に多い。新たに加盟した企業の42%が、日本を含むアジア太平洋地域に本社を置いているという。

セブン&アイ・ホールディングスなど5社が同日加盟

業種別では、インフラと製造がそれぞれ前年比73%増、61%増と急増。アパレルが43%増、バイオテクノロジー・ヘルスケア・製薬が33%増と続いた。クライメート・グループのサム・キミンスRE100総括責任者は

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.