再エネ電源の系統制約解消へ向けた規制の総点検(前編)

  • 印刷
  • 共有

2020年12月、河野大臣(内閣府特命担当・規制改革)の下に「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース(TF)」が設置された。再エネの主力電源化および最大限の導入に当たっては、立地制約や系統、市場等の多数の制約が存在すると指摘されている。

このためTFでは、再エネの導入拡大そのものに直接的な制約を課す「個別規制課題」のみならず、脱炭素社会へのパラダイムシフトの根底に存在する「構造的課題」についても検討の対象としており、中長期的なエネルギーシステム全体の制度設計、透明性の確保、競争環境の担保等を求めている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報