> コラム > 「2050年カーボンニュートラル」への道のり 移行に向けた金融の役割
グリーン・リカバリーで日本経済を立て直す

「2050年カーボンニュートラル」への道のり 移行に向けた金融の役割

菅首相は、日本が2050年までに温室効果ガス排出の「実質ゼロ」(カーボンニュートラル)による脱炭素社会の実現を目指すことを表明した。昨年12月のEUによる2050年の「気候中立」の表明に、中国や米国(次期政権)などの温室効果ガス排出大国が続くという流れになっている。カーボンニュートラルの実現には、今後長期にわたり、気候変動政策・財政支援とファイナンスの連携が必要となるが、特に脱炭素移行(トランジション)に向けた金融のあり方が注視される。

国際的なカーボンニュートラルへの流れ

昨年9月に開催された国連「気候行動サミット」以降、カーボンニュートラルを宣言する国が増え、120か国・地域を超えるまでとなっているという。今年になって、9月に中国が2060年までのカーボンニュートラルを表明したほか、パリ協定から11月4日に脱退した米国において、バイデン次期政権では、2021年早々にパリ協定へ復帰の上、2050年までにカーボンニュートラルを目標とする方針を公約としている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.