> コラム > 「浜松市域『RE100』」への挑戦(後編)

「浜松市域『RE100』」への挑戦(後編)

浜松市は2020年3月、市エネルギービジョンの改定とあわせ、2050年までの二酸化炭素排出実質ゼロを目指すことを表明し、「浜松市域“RE100”」を宣言した。どのように目標の達成をめざしていくのか。

2020年12月に開催した環境オンラインEXPOで、「国土縮図型都市浜松市におけるエネルギー政策と『浜松市域“RE100”』へのチャレンジ」をテーマに、浜松市 産業部エネルギー政策課 課長補佐(専門監) 松野 英男氏が解説した。

地消システムとして新電力を設立

浜松市のエネルギー政策の特徴は大きく2つ。ひとつは「電力の地産地消」、もうひとつは「官民連携によるエネルギー政策」であることだ。

「電力の地産地消」については、2015年10月、民間事業者と浜松市の出資により、当時としては政令指定都市で初の地域電力会社「浜松新電力」を設立した。主な電源は、市内の太陽光発電所に加え、清掃工場から生まれるバイオマス発電。市内の公共施設や民間施設、一般家庭に電力を供給している。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.