> コラム > 日立造船「地球と人のための技術を」 循環型社会実現に向け注力(後編)

日立造船「地球と人のための技術を」 循環型社会実現に向け注力(後編)

(前編はこちら

年間約4,000万トンのCO2削減

長期ビジョンにおいて、2030年に目指す姿として“サステナブルで、安全・安心な社会の実現に貢献するソリューションパートナー”を掲げる日立造船。大きな取組みの柱として、『クリーンなエネルギー・水の提供』と『環境保全、災害に強く豊かな街づくり』の2本がある。

「クリーンなエネルギーという点では、風力発電に力を入れています」

陸上風力発電では、秋田県の秋田市や由利本荘市に風力発電所を建設。同県で累計8,000kW級のグリーンエネルギー普及を推進している。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.