> コラム > 日立造船「地球と人のための技術を」 循環型社会実現に向け注力(後編)

日立造船「地球と人のための技術を」 循環型社会実現に向け注力(後編)

2020年10月、日本政府は“2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする”、2050年カーボンニュートラルを宣言した。

脱炭素化、カーボンニュートラルとなると、コアとなるのはCO2回収や水素発生といった技術。日立造船では、CO2分離膜の開発や、水を電気分解して高純度の水素ガスを発生供給するオンサイト型水素発生装置などを開発している。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.