再エネ電力でグリーン水素を製造 脱中東で豪州が日本のエネルギー供給源に

※画像はイメージです
※画像はイメージです

再エネ電力は開発が進み、コスト低下、発電量の大幅増により、火力発電を抜いて主力電力も間近である。変動する再エネ電力を無駄なく利活用する、グリーン水素供給オプションへの関心が高まっている。グリーン水素の導入量を増加させることは、わが国のエネルギー自給率の向上のために必要不可欠なエネルギー政策の要でもある。

027295-2
水素・燃料電池分野の協力に関する二国間会談(梶山経済産業大臣、キャナバン資源・北部豪州大臣)
出展:「2020年、水素エネルギーのいま~少しずつ見えてきた「水素社会」の姿」資源エネルギー庁HPより

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報