2050年カーボンニュートラルへ機運高まる(3月の官公庁ニュース20件)

こんにちは、環境ビジネス編集部です。

地球温暖化対策推進法(温対法)の改正案に、「2050年カーボンニュートラル」が基本理念として位置づけられました。また、2兆円の基金により企業の研究開発・実証から社会実装までを継続して支援する「グリーンイノベーション基金」の「基本方針」が発表。基本方針ではアウトカム目標のひとつに、「2050年時点の経済波及効果(売上高の増加分または設備投資額)190兆円」を掲げました。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報