> コラム > 広域系統のマスタープラン「中間整理」 一部は早期整備計画へ(前編)

広域系統のマスタープラン「中間整理」 一部は早期整備計画へ(前編)

広域機関では、再エネ主力電源化とエネルギー供給の強靱化に対応した、送配電ネットワーク整備のグランドデザインである「マスタープラン」の策定に向けた検討を進めてきた。

第10回「広域連系系統のマスタープラン検討委員会」では、その中間整理が公表されたので本稿ではその概要をご報告したい。

中間整理は、将来の不確実性を踏まえて設定した複数シナリオによる分析結果と、その結果から導かれる第1次の系統増強案をとりまとめたものであり、系統増強の完成形を示すものではないことに留意願いたい。最終的なマスタープランは2022年度内の策定を予定している。

早期に整備計画として進めていく増強案

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.