環境省がZEHの普及促進に向けた政策動向を解説

気候危機に歯止めをかけるべく、現在では世界123カ国・1地域が2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを表明(4月15日現在)。日本でのカーボンニュートラルに向けたZEHの普及促進政策について、環境省 地球環境局地球温暖化対策課 脱炭素ライフスタイル推進室の村井 啓朗氏が概説した。(4月15日開催、「ZEH・スマートハウスシンポジウム―標準化、普及加速に向けて」より)

028297-2
環境省 地球環境局 地球温暖化対策課
脱炭素ライフスタイル推進室 室長補佐
村井 啓朗 氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報