> コラム > 自動車×コンビニがタッグ! 燃料電池車の社会実装が一気に加速する

自動車×コンビニがタッグ! 燃料電池車の社会実装が一気に加速する

2050年カーボンニュートラルに向け、再生可能エネルギーとともに不可欠となってくるのが「水素エネルギー」の活用だろう。水素で走る自動車「MIRAI」などを開発し、技術開発でリーダーシップを発揮してきたトヨタの水素戦略を通し、日本の水素動向の現在地をジャーナリストの桃田 健史氏にレポートしてもらった。

028628-2

桃田健史氏
専門は世界自動車産業。その周辺分野として、エネルギー、IT、高齢化問題等をカバー。日米を拠点に各国で取材活動を続ける。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

福島で新たなる水素事業推進へ

トヨタが福島を拠点に、新たなる水素事業を国や福島県と連携して進める。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.