> コラム > エプソン、カーボンマイナス・地下資源消費ゼロへの挑戦

エプソン、カーボンマイナス・地下資源消費ゼロへの挑戦

環境ビジネス編集部

2021年3月16日、セイコーエプソンは、2023年までに全世界のエプソングループ拠点における使用電力を100%再エネに切り替えると発表し、その後4月15日にはRE100に加盟。『環境ビジョン2050』では“カーボンマイナス”と“地下資源消費ゼロ”を目指す同社。高い目標の達成に向け、取組みを加速する。

028728-2

島田英輝 氏
常務執行役員生産企画本部長

028728-3

木村勝己 氏
生産企画本部CS品質・環境企画部部長

再エネ促進のうねりを作る

3月16日、セイコーエプソンは2021年度に、日本国内全ての拠点(※1)における再エネ100%化を実現すると宣言した。また2023年には全ての海外拠点(※1)においても、使用電力を再エネに切り替えると発表。さらに、4月15日にはRE100に加盟するなど精力的に活動を続けている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.