> コラム > (1)なぜ今水素が注目されているのか/動画
脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向~

(1)なぜ今水素が注目されているのか/動画

脱炭素社会実現の切り札として注目を集める水素。政府が6月に発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」では、水素を「発電・産業・運輸など幅広く活用されるカーボンニュートラルのキーテクノロジー」と位置づけ、2050年に約2000万トンの導入を目標として掲げた。

その中でも再生可能エネルギーを活用して生み出す「グリーン水素」は、利用時だけでなく製造段階でもCO2を排出しないカーボンフリーなエネルギーであるとともに、余剰再エネを水素に変換して貯蔵・利用できるため、再エネポテンシャルを最大限利用できるという特徴を持つ。

新・動画シリーズ「脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向~」では、信州大学先鋭材料研究所教授/X-Scientia 代表取締役などを務める古山通久氏が、全5回のシリーズを通じてこの「グリーン水素」を取り巻く状況について解説する。

第1回のテーマは「なぜ今水素が注目されているのか」。水素が脱炭素のカギとして期待されている背景や、脱炭素時代の水素の製造方法、グリーンやブルーなどの水素の「カラー」などについて概説する。

※以下、講演動画(11分51秒)

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 6 %

脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向~ バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.