脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向~

(2)世界における水素の動向 日本と米欧中、水素戦略の違いは?/動画

  • 印刷
  • 共有

再生可能エネルギーを活用して生み出す「グリーン水素」は、利用時だけでなく製造段階でもCO2を排出しないカーボンフリーなエネルギーであるとともに、余剰再エネを水素に変換して貯蔵・利用できるため、再エネポテンシャルを最大限利用できるという特徴を持つ。

動画シリーズ「脱炭素時代のエネルギー~グリーン水素の位置づけと動向~」では、信州大学先鋭材料研究所教授/X-Scientia 代表取締役などを務める古山通久氏が、全5回のシリーズを通じてこの「グリーン水素」を取り巻く状況について解説する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報