> コラム > 2050年CN、製造業はどう対処するべきか 工場の脱炭素操業と省エネ

2050年CN、製造業はどう対処するべきか 工場の脱炭素操業と省エネ

環境ビジネス編集部

製造業に課せられる脱炭素対策

日本でも2020年12月、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が公表された。

電力部門では脱炭素電源の拡大、産業・ 民生・ 運輸(非電力)部門では、エネルギーの電化、電化しきれない熱の水素化、それでも残るCO2をメタネーション、合成燃料などの利活用や回収によって脱炭素化を進める。今、温暖化への対応を“経済成長の制約やコスト”と考える時代は終わり、“成長の機会”ととらえる時代になった。

実際に「ESG投資」は世界で3,000兆円にもおよび、環境関連の投資はグローバル市場では大きな存在となった。また、120以上もの国と地域が「2050年カーボンニュートラル」目標を掲げ、脱炭素化に向けた大胆な政策措置を相次いで打ち出している。

脱炭素化は産業構造を抜本的に転換する

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.