> コラム > 岸田内閣発足、「再エネ最大限導入」は踏襲(10月の官公庁ニュース24件)

岸田内閣発足、「再エネ最大限導入」は踏襲(10月の官公庁ニュース24件)

環境ビジネス編集部

こんにちは、環境ビジネス編集部です。

岸田内閣が10月4日に発足し、環境大臣に山口 壯氏、経済産業大臣に萩生田 光一氏が就任しました。

山口環境大臣は同日の会見で、2050年カーボンニュートラルの実現、2030年温室効果ガス46%削減という目標に向け、これまでの路線を踏襲し「再エネを最大限導入していく」と述べるとともに「環境と経済を両立させていくことがこれからの健全な資本主義のあり方である」と発言。産業界の意見も聞きながら脱炭素社会実現に向けた取り組みを進めていくと話しました。

また、10月の官公庁ニュースでは、テナント企業等による脱炭素化への取り組みをまとめた「リーディングテナント行動方針」策定と賛同企業・自治体等の募集、環境影響評価法の対象となる風力発電所に係る規模要件の引き上げ、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021」の開催結果などについて紹介しました。

「再エネを最大限導入していく」

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.