再エネ「出力制御の見通し」、算定方法改善へ検討/第32回系統WG(後編)

  • 印刷
  • 共有

系統WGの第32回会合では、再エネ出力制御の低減に向けた様々な取り組みについて検討が行われた。後編では、エリア別の再エネ導入量の現状、「出力制御の見通し」の算定方法の変更の検討について取り上げる(前編はこちら)。

エリア別の再エネ導入量

太陽光や風力といった変動型再エネ電源の導入は全国的に増加しており、各エリアの需要と比較したものが表2である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報