> コラム > 連載第6回 『マダニ』が媒介する 新興感染症の脅威とは

連載第6回 『マダニ』が媒介する 新興感染症の脅威とは

地球温暖化の影響は、気候変動だけでなくそれをきっかけとして様々な問題を引き起こす。
新型コロナのような新しい感染症が発症するケースも増えている。
その一つがマダニを媒介として深刻な症状を引き起こす「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」だ。
今回は五箇先生にSFTSが日本に拡大している背景や身近に迫るマダニの脅威などについて紹介してもらった。

文・五箇公一氏

マダニに伵まれて人が死ぬ!?

新型コロナの影で、ダニに咬まれることで感染する新型ウイルスがじわじわと日本国内で広がっています。そのウイルスとは

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.