FITバイオマス発電のライフサイクルGHG、基準値から7割削減へ(後編)

  • 印刷
  • 共有

資源エネルギー庁の「バイオマス持続可能性ワーキンググループ(WG)」の第13回会合では、FITバイオマス発電のライフサイクルを通じた温室効果ガス(GHG)排出量に関して、基準およびその確認手段について方向性が示された。また、基準値からの削減率として、FIT制度においては液体・固体・気体に対して一律に2030年時点で▲70%を適用することが事務局から提案され、委員の了承を得た。

後編ではライフサイクルGHG基準値に対する削減率や、既認定案件の扱い、ライフサイクルGHGの確認手段など、今会合で示された方向性について紹介する。(前編はこちら

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報