> コラム > FITバイオマス発電のライフサイクルGHG、基準値から7割削減へ(後編)

FITバイオマス発電のライフサイクルGHG、基準値から7割削減へ(後編)

資源エネルギー庁の「バイオマス持続可能性ワーキンググループ(WG)」の第13回会合では、FITバイオマス発電のライフサイクルを通じた温室効果ガス(GHG)排出量に関して、基準およびその確認手段について方向性が示された。また、基準値からの削減率として、FIT制度においては液体・固体・気体に対して一律に2030年時点で▲70%を適用することが事務局から提案され、委員の了承を得た。

後編ではライフサイクルGHG基準値からの削減率や、新たな削減率、確認手段など、今会合で示された方向性について紹介する。(前編はこちら

2030年時点で▲70%を適用へ

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.