需要家が参加できる「再エネ価値取引市場」、初回オークションの結果が発表

  • 印刷
  • 共有

2021年新たに、再エネ価値取引市場が創設されたことに伴い、電力需要家が直接または仲介事業者を介して、非化石証書を直接購入できるようになった。11月に制度変更後の初回となるオークションが開催され、その結果が公表された。

約定量は約19億kWhであり、これは2020年度のオークション計4回の約定量合計を上回る規模である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報