太陽光発電 2022年度からオンライン代理制御の導入へ(後編)

  • 印刷
  • 共有

再生可能エネルギーの拡大に向け、2022年度から導入される太陽光発電の「オンライン代理制御」。後編ではオンライン代理制御の運用方法や、オンライン代理制御による効果試算、さらに5エリアの2022年度の再エネ出⼒制御の⾒通しについても紹介する(前編はこちら)。

オンライン代理制御の運用方法

オンライン代理制御の導入にあたり、必要制御量の確保および制御量低減の観点から以下のような運用が行われる(※九州エリアでは原則オンライン制御のみであるため、運用方法が異なる)。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報