再エネ電源拡大へ系統を最大限活用 日本版コネクト&マネージの成果(前編)

  • 印刷
  • 共有

2050年カーボンニュートラルに向けては、再エネ電源を迅速かつ大量に電力系統に接続する必要があるが、この実現のためには送配電ネットワークの強化、次世代化が求められている。このため順次「日本版コネクト&マネージ」(C&M)の導入や系統混雑管理ルールが整備されつつある。

日本版C&Mの代表的な取り組みは、(1)系統空き容量算定の合理化、(2)N-1電制の導入、(3)ノンファーム型接続の導入、(4)ダイナミックレーティングの導入、である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報