環境用語集 ノンファーム型接続

送電線などの送変電設備の空き容量を活用し、新たな電源をつなぐ方法。

既存設備の空き容量を活用するため、設備の増強を行う必要がない。その一方で、平常時でも必要な容量は確保されていないため、空き容量が十分でない場合、ノンファーム型接続の電源に対して出力制御が行われる。

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報