> コラム > 環境分野の「技術ブランディング」、3社の成功事例を分析する
知財活動と連動した環境分野における技術ブランディング

環境分野の「技術ブランディング」、3社の成功事例を分析する

環境技術の社会実装に向け、資金の供給や企業・業種間連携の場面において、双方にニーズがあっても「良い技術を保有している相手方が特定できない」という課題が浮き彫りになっている。その課題の解決の一助となるのが、技術の「見える化」による「技術ブランディング」だ。今回は環境分野における技術ブランディングの成功事例を取り上げるとともに、成功要因について検証する。

※シリーズ第1回はこちら

030593-000

環境分野の技術ブランディング、3社の成功事例

今回、成功事例を抽出する観点から政府機関に先進事例として取り上げられている例や、表彰を受けている例から3件の事例を抽出した。

【A社】強度が高いハニカムコア材のプラスチック再生パレット

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.