新制度・省エネコミュニケーション・ランキング制度、22年度に開始(前編)

  • 印刷
  • 共有

カーボンニュートラルの実現に向けて省エネの推進は今後も重要であり、第6次エネルギー基本計画では、2030年度に6200万kl(原油換算)の省エネ達成を目標として掲げている。現実の省エネ行動は、家庭や工場などの直接的なエネルギー消費者がおこなうものであるが、そのエネルギーを供給する事業者(電気やガス等のエネルギー小売事業者)は、その省エネに関する適切な情報を提供することが求められている。

資源エネルギー庁はこれを「省エネコミュニケーション」と名付け、エネルギー小売事業者を評価する新たな仕組みとしてランキング制度を開始することとした。2022年4月から本運用が開始される予定である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報