FIT/FIP 2022年度以降の入札制・地域活用要件はどうなる?

  • 印刷
  • 共有

事業者間の競争を促しコスト低減を図るため、FIT事業用太陽光発電では2017年度から、バイオマス(一般木材など・液体燃料)では2018年度から、陸上風力では2021年度から入札制が適用されている。また洋上風力では、再エネ海域利用法に基づく公募が実施されている。調達価格等算定委員会の第74回会合では、FIT/FIPにおける2022年度以降の入札制および地域活用要件について検討がなされた。

事業用太陽光発電の入札制

事業用太陽光発電の入札制は、初年度2017年度は「2,000kW以上」を対象として開始され、その後徐々に対象範囲が拡大されてきた(2019年度上期から「500kW以上」、2020年度上期から「250kW以上」)。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報