温室効果ガス排出量の「算定・報告・公表」制度、見直しがスタート(後編)

  • 印刷
  • 共有

2022年夏頃のとりまとめをめどに、「温室効果ガス 算定・報告・公表制度」の見直しが開始された。後編では見直しの方向性やその論点について紹介する(前編はこちら)。

GHGプロトコル、ISOとの比較

GHGプロトコルは、WRI(世界資源研究所)やWBCSD(持続可能な開発のための世界経済⼈会議)を中⼼に、世界の企業やNGO、政府機関等が参加して策定されたGHG排出量の算定・報告に関する基準である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報