EUが「サーキュラーエコノミー」の実現を急ぐ理由は?

  • 印刷
  • 共有

持続可能な社会の実現が世界規模で問われるなか注目されるサーキュラーエコノミー。リニア(直線)型経済から循環型経済へ。経済そのものの根本的なシフトへ向け、いち早く舵を切った欧州は、政府主導の先進的な政策を次々と打ち出し、世界をけん引する。駐日欧州連合代表部のネヴァナ・マテエヴァ氏に、EUの取り組みについて聞いた。

経済成長を資源利用から切り離す

サーキュラーエコノミーを世界で主導するEU。2015年に『サーキュラーエコノミーパッケージ』を採択。2019年12月に公表した気候変動対策『欧州グリーンディール』においても、サーキュラーエコノミーを重要な柱の1つに位置付けている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事