太陽光発電の新たな「適地」となるか 都市公園・道路での導入加速へ(後編)

  • 印刷
  • 共有

再エネ導入の新たな適地として「都市公園」や「道路」が着目されている。後編では「道路」について取り上げる。(前編はこちら

「道路」の太陽光発電導入ポテンシャル

「道路」での発電と聞くと、車道等の路面に埋め込まれた舗装型の「路面太陽光発電」(本稿では以降、路面PVと呼ぶ)をイメージしやすいが、「道路」には車道や歩道のほか、高速道路のサービスエリア(SA、PA)、法面(のりめん)、中央分離帯などが含まれる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報