次世代スマートメーターの仕様決定 便益は最大8700億円(後編)

  • 印刷
  • 共有

資源エネルギー庁「次世代スマートメーター制度検討会」で、次世代(第二世代)スマートメーターの機能等が取りまとめられた。後編では、特定計量制度や共同検針への対応、導入コストと費用対便益などについて紹介する。(前編はこちら

Bルートの利便性向上

現行のスマートメーターでは、送配電事業者に計量値を送信する「Aルート」のほかに、需要家の宅内でHEMSに連携することなどを目的とした「Bルート」が存在する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報