モータージャーナリストが解説 「空飛ぶクルマ」が現実味を帯びてきた理由

  • 印刷
  • 共有

世界的な脱炭素の高まりを受けて、EVをはじめ移動手段の脱炭素化に大きな注目が集まっているが、今回のテーマは「空飛ぶクルマ」だ。もともと軍需産業での採用が始まったが、ドローンの登場により一気にメジャーへ昇格。航空機産業のひとつのジャンルへと成長した。ジャーナリストの桃田 健史氏がその最前線をレポートする。

航空分野で新しい挑戦

eVTOL(イー・ブイトール)と呼ばれる乗り物がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報