洋上風力発電 第1ラウンド総括と今後の評価点の見直し

  • 印刷
  • 共有

洋上風力発電は2030年までに10GW(1,000万kW)、2040年までに30~45GWの案件を形成することが政府目標として示されるなど、大量導入と大幅なコストダウンが期待される再エネ電源である。

再エネ海域利用法に基づく洋上風力発電事業者の公募、いわゆる第1ラウンドの結果が2021年12月24日に公表された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報