> コラム > 2022年は再エネ320GW増、IEA予測 コスト上昇の影響は?

2022年は再エネ320GW増、IEA予測 コスト上昇の影響は?

環境ビジネス編集部

国際エネルギー機関(IEA)は5月11日、再生可能エネルギー市場に関する最新の報告書を公表し、2022年に新たに320GWの再エネ発電容量が増加するとの予測を示した。前年の295GWと比較して8%以上増加し、初めて300GWを超える見通しだ。

031933

種類別の再エネ発電容量の増加量

IEAは「コスト上昇、サプライチェーンのボトルネックによる逆風にもかからず記録を更新する予想である」として「コロナ禍で生じたサプライチェーンの課題、建設の遅れ、原材料価格の高騰などを克服した」と評価した。

IEAによると、2022年の

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.