GREEN CREATIVE TRANSFORMATION

空気中のCO2を直接回収する装置『ひやっしー』 開発者に聞く火星への挑戦

  • 印刷
  • 共有

“地球を守り、火星を拓く”をミッションに、地球温暖化を止める方法から人類の火星移住実現まで一貫して研究を行う独立研究機関『CRRA(シーラ:一般社団法人炭素回収技術研究機構)』。創設者で機構長の村木風海氏は、化学者であり、現役東大生。CO2直接空気回収(DAC)をメインに、空気からガソリンを作り出す『そらりん計画』、誰もが手軽に宇宙に行ける乗り物の開発まで、独自性の高い研究活動について語る。

村木風海氏 一般社団法人 炭素回収技術研究機構(CRRA) 代表理事・機構長
村木風海
一般社団法人
炭素回収技術研究機構(CRRA)
代表理事・機構長

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事