> コラム > 「エネルギーのラストワンマイルをつなぐ存在へ」Looopの描く未来予想図
GREEN CREATIVE TRANSFORMATION

「エネルギーのラストワンマイルをつなぐ存在へ」Looopの描く未来予想図

環境ビジネス編集部

環境分野において、脱炭素の未来を思い描いてビジネスを行っている経営者や研究者にインタビュー行い、理想の未来像を語ってもらう新企画。初回は、再エネの最大普及で“エネルギーフリー社会”の実現を目指すLooopの中村創一朗社長に、同氏の描く未来を語っていただいた。

中村創一郎氏

中村創一郎氏
株式会社Looop 代表取締役社長

エネルギーのプラットフォーマーに

私が“エネルギーフリー社会”の到来を思い描いたのは2013年頃だったかと思います。太陽光発電所は、しっかり管理すれば50年はもちます。一度設置したら50年発電し続けるものが、世界中でどんどん作られる。すると、いずれ電気は余るようになると考えたのです。電気が余れば当然フリーになる。ですから“エネルギーフリー社会”は自ずと訪れるだろうと想像しました。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.