国内自動車大手、加速するEV戦略(前編)

脱炭素社会の実現へ向け、世界ではガソリン車・ディーゼル車から電気自動車(EV)へシフトする動きが加速している。国内においても、トヨタが『バッテリーEV戦略に関する説明会』を開催。2022年4月には日産が、全個体電池の試作生産設備を公開。続いてホンダも『四輪電動ビジネスの取り組み』について発表した。国内自動車メーカーの取り組みを中心に、EV動向をまとめる。

トヨタ EVをフルラインナップで展開

地球温暖化による気候変動が深刻化するなか、脱炭素社会の実現へ向け、欧州を中心に『脱ガソリン車、ディーゼル車』を掲げ、EVへのシフトを進める動きが強まっている。ドイツやイギリス、フランスなどでは2030年~40年にかけ、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売が禁止される予定だ。

こうしたなか、国内自動車メーカー各社のEV戦略はどのように進んでいるのか。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報