非財務情報開示の新たな動き 「Next TCFD」たるTNFD(1)

  • 印刷
  • 共有

国際社会はいま、生物多様性を含む自然資本に着目し、それへの対応と気候変動分野と同様の情報開示を求め始めている。自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)では現在、2023年秋頃の最終提言に向けた開示フレームワークの検討が進められている。本稿では、TNFDの最新動向を紹介しつつ、日本企業が準備しておくべき事項について概説する(全3回)。

画像はイメージです
画像はイメージです

生物多様性を含む「自然資本」が新たな情報開示の対象に

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報