再エネビジネス優遇税制

インボイス制度詳細解説 事業者登録は2023年3月末までに

  • 印刷
  • 共有

こちらの連載では、2018年から度々「インボイス制度」の紹介をしてきたが、いよいよ2023年10月から制度が開始される。詳細な取り決めもなされており、今回は、なお詳しい解説をしたい。

画像はイメージです
画像はイメージです

インボイス制度の概要

(1)買い手(仕入れ側)の処理

今までの消費税法では、取引の相手先が免税事業者や一般消費者であっても、取引の対価を支払った場合、原則として、その対価の10/110を税額控除することができ、控除しきれないときは、還付を受けることができた。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報