GHG排出量算定・報告・公表制度の算定方法を見直し(9月の官公庁ニュース15件)

  • 印刷
  • 共有

政府は8月、温対法に基づく温室効果ガス(GHG)排出量算定・報告・公表制度(SHK制度)について、対象事業者が報告するGHG算定排出量の算定方法を規定する温対法施行令の改正政令を閣議決定しました。

今回の改正では、GHG算定排出量に関する算定対象活動の見直しや、都市ガス・熱の事業者別排出係数を導入することなどが盛り込まれたほか、同施行令に規定する各GHGの「地球温暖化係数」について、最新の科学的知見などを踏まえて必要な更新が行われました。

そのほか、9月の官公庁ニュースでは、グリーンインフラ推進戦略や道路の脱炭素化などについて伝えました。

GHG排出量算定・報告・公表制度の算定方法を見直し

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事