省エネ・創エネ住宅、義務化政策で普及加速へ

  • 印刷
  • 共有

住宅の太陽光設置義務化で再エネ自家消費が主流に。失速していた住宅の太陽光は、省エネ義務化も相まって、堰を切って動き出そうとしている。

省エネ、太陽光の義務化で家主の便益が可視化

2022年6月、「建築物省エネ法等改正案」が成立した。この改正で一戸建てにも省エネ基準適合が義務づけられるとともに、断熱等級の見直しも行われる。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報