バイオリファイナリーで脱炭素社会を実現する(前編)

  • 印刷
  • 共有

再生可能資源のバイオマスを原料とするグリーン化学品の事業化を進めるGreen Earth Institute。同社はバイオマスから微生物を使って化学品を作るバイオリファイナリー技術を浸透させるべく、新規産業『バイオリファイナリー産業』のプラットフォーマーを目指す。脱炭素社会の実現に向けた取り組み活発化する現代において、地球環境保全、脱化石資源を実現するバイオリファイナリーへの取り組みについて、代表取締役CEOの伊原 智人氏に聞く。

Green Earth Institute 代表取締役CEOの伊原 智人氏
Green Earth Institute 代表取締役CEOの伊原 智人氏

発酵技術をもとにしたバイオプロセス

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報